FUKADA DENKI 地球と手をつなぐ、電材カンパニー。

若くてもチャンスがあり、任せられて成長する。 取締役環境営業部部長 渡辺直哉 わたなべなおや

社歴が浅くてもチャンスがもらえる環境だということは自分が一番実感しています。

―過去に様々な職業を経験されているとのことですが具体的に教えていただけますか?

新卒で入った会社では訪問販売をしていました。そこでは、営業だけでなく、社会人としての基礎を学びました。その後、出版社の営業を経て現職に転職しました。

―社会人になってから一貫して営業職を経験されていますね。

元々営業職が自分には合っているなという気持ちがありました。ただ同じ営業とは言っても、環境や売るものによって全然違います。深田電機に関しては親の勧めで興味を持ちましたが、それがなければ業界のこと自体何も知りませんでした。

―最初、深田電機はどんな印象でしたか。

電設資材と言ってもまったく想像がつかない分野でしたので、どういう会社なのか見てみようと思い、最初に会社見学をさせてもらいました。

そして、この業種は営業をしながら商品を一緒に運ぶということが今までの営業と違うのかなとなんとなく思いました。

―現在入社10年目とのことですが、働いてみていかがですか。

前職の出版社がかなり激務でしたので、次に働くなら長く働けるところがいいと漠然と思っていました。深田電機に転職した当初は10年も勤められるとは思っていなかったです。とにかくがむしゃらにやっていたらすぐに3〜4年経ってしまった印象です。

取扱商品数が多いので、これだけやっても本当に商品のどこまで分かっているのだろうという気持ちが未だにあります。営業が軌道に乗ってからも、新しい商品は次々と発売されるので、次はこの商品を覚えたい、そして売ってみたいという気持ちでやっていたら、あっという間に10年が過ぎていました。

―没頭できる仕事内容とスピード感だったということですね

一般的な営業ですと与えられた商材を売るだけだと思うのですが、当社ですと売るだけでなく、メーカーさんとの仕入れ交渉も営業一人一人がしたり、メーカーさんに同行してもらって一緒にお客様に営業をかけたりと、人とのつながりや工程に幅があり、そういうところが楽しいと感じます。大手のメーカーさんとお客様とのパイプ役になれているという責任感と同時にやりがいも感じます。

―他にはどのような時にやりがいを感じますか。

会社に任せてもらえているというのを感じられる時です。ただ放っておくのとはまた少し違って、何かあった時にはしっかりとフォローしてもらえたので、営業経験が浅くても安心して突き進めました。

―とても安心して働ける環境ですね。

とても風通しがよく、分からないことも先輩社員や上司にも聞きやすい環境でした。上下の隔たりがなく、いい意味でフラットです。聞けば親身に教えてくれるので、とても恵まれた環境だと思います。

営業の会社ですが、みんなで協力しようという意識が強く、そういう方を求めています。

―ご自身の中で、仕事をする上で大切にしていることはありますか。

より良い商品の提案も大切ですが、まずはお客様を知るということを心がけています。相手が何を求めているか気が付けるように努力しています。今は携帯電話やメールなど、お客様と連絡を取る方法はたくさんありますが、大事な話があるときは必ず顔と顔をあわせて話をする、ということを心がけています。

―何か制度は利用されていますか。

「イクメン休暇制度」を利用して、毎月1度育児のためにお休みをいただいています。また、「リフレッシュ休暇制度」を利用して、先日家族旅行にも行ってきました。

イクメン休暇は子どもも喜んでくれますが、特に妻が助かると言ってくれています。土日にはやっていない病院に行けたり、平日にしかできないこともあり、そういうときにこのような制度があるとありがたいなと思います。

―最後に深田電機を志望されるみなさんに一言お願いします!

年齢、社歴にとらわれることなく、チャンスをもらえることは、何より私自身が実感しています。私たちはメーカーと工事業者さんをつなげるのが役割なので、それぞれの得意な部分を活かし、苦手な部分はフォローしあいながら、チームで仕事をしています。人と協力し合いながら仕事を通じて自分を成長させたい方をぜひお待ちしています。

一覧に戻る