FUKADA DENKI 地球と手をつなぐ、電材カンパニー。

売ったら終わりではなく、継続の商売 取締役営業本部長 中尾武志 なかおたけし

営業だからって、トークがうまくなくてもいい。大切なのは気遣いです。

―どのような人材に入社してほしいですか?

営業担当者の人間性はお客様に直に伝わるので、「まじめ」ということが第一です。お客様との関係はずっと続いていくので、おとなしいタイプの方でも言われたことに対してきっちりお応えをし、情報の提供ができれば、関係性を築いていく中で信頼を得られます。

お客様が欲しい情報をいかに早く提供できるかということも重要な要素です。それを実現するためには、「気付く人」である必要があります。いち早く気付くということは、お客様の目線で物事を考え、様々なご提案ができる人に共通する要素です。

―男女比についてはどうお考えですか?

今のところ営業は男性が100%ですので、今後は女性にも活躍していただきたいと思っています。しかし現実問題として、お客様の大半が電気工事業という性質上、商物分離がまだまだできていないことも事実です。具体的にいうと、営業だけをしていればいいわけではなく、時には重い商品を運ぶといった力作業も発生します。しかし、ソリューション営業所という部署では、ある問題に対しての解決策を提案しその内容を採用いただくということを行っています。まだまだ小さい部署ではありますが、そういった分野で女性が活躍してくださればいいなと考えています。

―入社前に専門知識を身につける必要がありますか?

そういったことは一切ありません。どこの営業所にも倉庫が併設されているので、商品を身近に感じることができます。実際に触れることで知識も入りますし、現場に行くことでどういう場所で使われるかも知ることができます。机上では覚えられないことがありますし、実践を通して覚えていく方が多いです。

―営業方針についてお聞かせください。

業界の中でも様々な新しい商品が出てくるので、常に新しいことに注目し、取り入れ、携わっていくということに取り組んでいます。

今までのお客様は主に電機工事業でしたが、近年新しい商品を取り入れるにあたって、設備の業種などにもアプローチしています。これまでにない新規顧客の開拓を進めることによって、ここ2、3年で顧客数を大幅に増やしています。

もちろん、社長の思いとしてある「地域密着型」の企業であることを忘れずに、お客様を大事にしています。

商況が厳しくなる時代、いかに提案していけるかが勝負です。

一覧に戻る