FUKADA DENKI 地球と手をつなぐ、電材カンパニー。

環境システム営業所営業リーダー 大河原拓実 おおがわらたくみs

心がけていることはお客様とメーカーさんの間にWIN-WINの関係を作ること。

―入社までの経緯を教えてください。

私は7年前に入社しましたが、以前は教育関係の仕事をしており、まったく別の分野から転職しました。営業はしたことがなく、たまたま営業事務(内販)で募集があったので、それならできるかなと思い応募しました。

―入社前と入社後のギャップはありましたか?

特にありませんでした。入社してすぐに営業に出る人が多いのですが、私の場合は内販を約1年経験してから営業に出たので、抵抗なくやりやすかったです。

―取扱商品数が多いと伺いましたが、いかがですか?

そうですね、入りたての頃は何がなんだか分かりませんでした。品番という英語と数字の羅列があり、諸先輩方の中には暗記している方もいらっしゃって本当にすごいなと思いました。私自身は、内販をやって覚えた部分が大きいです。

―社風についてはいかがでしょうか?

社内は常にいい雰囲気だと思います。それほど規模が大きいわけではないですし、営業の会社なので、切磋琢磨しあい、みんな上を目指して頑張っています。かといって、ギスギスしているようなことはありません。

やりがいを感じる瞬間を教えてください。

競合他社と同じ商品を扱いますので、そんな中、当社を選んでくださるのはとても有り難いです。仕事を通して人間同士のお付き合いができるというのは、やりがいを感じます。

業務にあたって気をつけている点があれば教えてください。

お客様とメーカーさんを我々がつなぐんだということを常に意識しています。昔はとにかく数を売ることばかり考えていたのですが、最近はメーカーさんとお客様の間にWIN-WINの関係がつくれるように心がけています。その上での対価を我々がいただくということが大切だと気付き始めました。

昔は大手志向だったけど、中小企業は自由になる点が多く、価値観が変わりました。

―深田電機のいいところ、改善すべきところを教えてください。

いいところはまず、自由があります。あまり縛りがないので、電気工事店や建材店だけではなく、まったく別の業種にも新規で取り組んでいくことができます。少し前の時代に、ルート営業をして「御用聞き」だった頃に比べると、目指すものを持って積極的に取り組める環境です。

改善すべき点としては、新人をしっかりサポートしていく体制がないので、今はそのための人材が欲しいです。あとは、教育プログラムがもっと充実するといいのかなと思います。とはいえ、入社して7年になりますが、ここ3、4年で労働環境は大分改善しました。

―最後に、深田電機を志望される方にメッセージをお願いします。

私自身、昔は大手企業に入るのがいいことだと思っていました。しかし今、中小企業で働いてみて分かるのが、社長を含めまわりの社員に顔を覚えてもらいながら働けるのは、とても素晴らしいということです。アットホームな雰囲気なので、すぐなじめると思います。

一覧に戻る